×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




美人薄命

レベルが近いJoytoyと貯庫。
しかし、その愛らしさによって男からの人気が高い貯庫に対して、Joytoyは常に妬んでいた。




これは、調合の代行をJoytoyにお願いしたときのssである。
お互い無表情で作業を続けるが、その節々に感じさせる言葉の棘が皆にも伝わるであろう。そう、これこそがJoytoyの妬みである。

男にモテる貯庫が憎い・・・

夏美に然り、貯庫は女に敵をまわしてしまうのであった。美人の宿命である。
気持ちの不通が起因してか、調合作業はあまり多くの成功を遂げず。そう、まさに二人の調わないのである。そして、Joytoyは一線を越えた。

こんなヤツ、いっそのこと・・・









美 人 薄 命。




写真提供・L'Ark~en~Choko